So-net無料ブログ作成

[小説] 三日間の幸福 by 三秋 縋 [その他::趣味::本]

ときどき出てくる趣味の本の紹介の記事です。[あせあせ(飛び散る汗)]
今回もお付き合いいただければ幸いです...
---------------------------------------

今回紹介するのは、Web上で公開されていたものが書籍化された「三日間の幸福」(著: 三秋 縋)です。[ぴかぴか(新しい)]
20170709_164636.jpg

原作は、著者のWebサイト「fafoo」の中の「げんふうけい」にある「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」です。[ひらめき]
なので、こちらでもあらすじ的にはほぼ同じような内容で読むことができます。
また、マンガ版もあったりします。まだ途中ですが。

内容ですが、まずは、あらすじにも書かれているこれを読んでみてください。[るんるん]
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。

主人公は大学生だが、人生にかなりあきらめを持った形で、寿命を3ヶ月残して売ってしまいます。[むかっ(怒り)]
そして、寿命が残り3日になるまで、寿命を売った人が自暴自棄になって他人などに迷惑をかけないように監視員が付きます。それが女性のミヤギ。監視員は、なぜか売った本人以外には認識されない(見えない、感知されない、など)ということもあります。[ダッシュ(走り出すさま)]
ちなみに、残りの寿命があっても、何か問題を起こしたり大きな迷惑を他人などに掛けてしまった場合には、寿命が即刻無くなる、という約束もあります。

物語的には、寿命を売ってからの3ヶ月間の話がメインです。[るんるん]
元々、何事にもやる気などが無かった状態だったので、しばらくはいろいろと暇つぶし的なことをしていますが、そのうち、自分のこれまでの振り返りからいくつかの場所に出掛けていったり、人に会いに行ったりします。
そして、最後に、自分の大事なものができ、最終的に3日間ぐらい残るまでのお話です。[グッド(上向き矢印)]

なんのこっちゃと思いますが、最初は単なるダメな奴的にしか見えない主人公ですが、監視員ミヤギとの生活から、時間はかかったが、大事なものを見つけ、最後の3日間を幸せにすごす、そんな感じです。
ただ、前半はいろいろな意味で「寂しさ」や「虚しさ」が多いのですが、いろいろなものに気が付き始め、いろいろな「温かさ」や「一途さ」みたいなものが出てきて、最後の最後にはじわじわとくる感動でいっぱいになっていきます。[わーい(嬉しい顔)]

ものすごく盛り上がるものや、ものすごい意外性はそれほどありませんが、日々の見落としがちなちょっとしたこと、そして、自分自身について、何かを感じさせる・考えさせる、そういう良い小説だと思います。
SFとかファンタジーではまったくありません。でも、こういうのもいいですよね[exclamation]
この小説も、もうちょっと知られてもいいのにな、と思いますが...

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

駐在おやじ

へ~~ これ面白そうですね
ネットブックで買えるかな? ちょっと読んでみたくなりました

  駐在おやじ
by 駐在おやじ (2017-10-11 12:30) 

quazm

元々はWeb上で公開されていた小説で、今でもそれは公開されてますので、そちらでも読めますね。
書籍のほうが、内容は追加された分もありますが。
マンガのほうはジャンプ+のアプリでも読めます。(無料分はもうほとんど終わりましたが、有料で。)
by quazm (2017-10-11 17:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0