So-net無料ブログ作成

ROS-Industrial Asia Pacific Workshop 2019 (6/18~19)への出席 in シンガポールへの出張 [海外::シンガポール]

2018年6月下旬のシンガポールへの出張の目的は、オープンソース系の国際ワークショップへの出席です。
つまり「ROS-Industrial Asia Pacific Workshop 2019」です。
18342422_1322282987857173_4503796367819792111_n.png
去年も参加しました。
私自身はソフトウェアの研究者・開発者なので、オープンソース系イベントは学生のころにもよく行ってましたので、こういうのは楽しいですね。
趣味で来たのではなく、いちおう仕事にも関係する内容ですので...[あせあせ(飛び散る汗)]

ROS」(Robot Operating System)は、ロボットを制御するためのフレームワークで、オープンソースということもあり無料でソースコードまで手に入れることができます。[グッド(上向き矢印)]
ロボットと言いましても、二足/四足歩行やアームを動かすロボットだけでなく、自律移動する車両(AGV: Automated Guided Vehicles)やドローンなどのような飛行物体(AGP: Automated Guided Plane)なども含まれています。

そのROSを産業用ロボットの分野に応用することを目的としているのが「ROS-Industrial」です。[ひらめき]
企業や研究組織を中心としたメンバで構成されていますが、ここでの成果もオープンソースなどで公開されています。
このROS-Industrialは世界の地域ごとに分けられた分科会もあり、その一つが「Asia Pacific」です。[るんるん]
なお、Asia Pacificで中心的なメンバがシンガポールの方々、ということになります。
いちおう、私の会社も会社としてROS-Industrialのメンバとして参加しており、私自身も仕事で関わっています。
そのWorkshopの今年の開催という形ですね。

会場は、去年同様、南洋理工大学の敷地内にある ARTC (Advanced Remanufacturing and Technology Center)です。[わーい(嬉しい顔)]
20190618_084300.jpg
20190618_104030.jpg
今回は120人ほどの参加者で、去年よりも増えてました。
また、参加者の出身国も去年より多いようです。
場所については、前回の記事をご覧ください。

企業や組織からの技術的な発表やスピーチなどで構成されています。
20190619_091333.jpg
両日の昼過ぎに1時間ほど、実機でのデモなどの時間もあります。

国際的なワークショップの場合、企業がスポンサーで入っているとノベルティがもらえたりします。[ぴかぴか(新しい)]
20190618_084741.jpg
去年よりも数が増えてます。[グッド(上向き矢印)]
Tシャツは、参加申し込み時にサイズを登録してあります。[ダッシュ(走り出すさま)]

朝には、軽食程度も用意されています。[るんるん]
20190618_104148.jpg
また、2時間ごと程度にBreak Timeもあり、軽食や飲みものをつまみながら、フリートークする時間も用意されていました

お昼は、ケータリングされたビュッフェです。[わーい(嬉しい顔)]
一日目のお昼はこのような内容でした。
20190618_122436.jpg
20190618_122438.jpg
中華っぽい感じもありますが、味付けは東南アジア的な感じのものもありますね。

二日目のお昼の内容はこのような感じでした。
20190619_122353.jpg
20190619_122342.jpg
色合いは似たような感じに見えますが、いちおうメニューとしては異なる感じでした。

新しい話自体はそれほどありませんが、いろいろな状況などの実際のところが聞けたりして、なかなか有意義でした。[グッド(上向き矢印)]
去年は日本人が他に5人ほどいらっしゃいましたが、今回は他には3人だけでした。
でも、このWorkshopもそうですが、シンガポールも英語が通じるので、シンガポール滞在中は頭の中が英語モードでフル回転でしたね。[ダッシュ(走り出すさま)]

nice!(2)  コメント(0)