So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
その他::趣味::本 ブログトップ
前の5件 | -

[SF小説] 「風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記」 by 小川一水 [その他::趣味::本]

ときどき出てくる趣味の本の紹介の記事です。[あせあせ(飛び散る汗)]
今回もお付き合いいただければ幸いです...
---------------------------------------

今回紹介する小説は、小川一水 著の 「風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記」です。[ぴかぴか(新しい)]
20170910_085259.jpg

まず、これは歴史SFとなっています。
時代設定も中世14世紀のドイツです。神聖ローマ帝国です[exclamation] でも、SFも入ってます。[ダッシュ(走り出すさま)]
背景的に、その当時の周辺の国家関係などを踏まえた上で、神聖ローマ帝国の辺境にあるレーズスフェントという街でのお話が描かれます。
レーズスフェントという街は、紀元前のローマ共和国時代に一度隆盛を誇るが、その後、滅びます。
中世になって、主人公がその街を再度興すような流れのお話です。[グッド(上向き矢印)]
ある意味、ちょっと意味は違いますが、街おこしとも言えますが...[あせあせ(飛び散る汗)]

街を大きくしていくうちに、いろいろな軋轢などで大きな問題がいろいろと起こります。[むかっ(怒り)]
海賊とももめることはありますが、そこについては仲間にしていきます。
そして、終盤ではデンマークとの対立、そして、戦争が... (これ以上はネタバレなので...[ダッシュ(走り出すさま)])

ここまでの内容だとSFは無いように思えますが、しっかりとあります[exclamation×2]
実は、古代や中世での宇宙生命体とのファーストコンタクト的な形です。
レーズスフェントの街は中洲にありますが、その泉に数千年前から地球に飛来している宇宙生命体がおり、地球人にはあまり介入せずに観察している、そのような形で関わります。[ひらめき]
中世なので、宇宙生命体のような考えは地球人はほどんどないので、神や悪魔または精霊の力を持つ何か、というような捉え方をします。[あせあせ(飛び散る汗)]
ただし、地球人から見ると人のような姿をしているのですが、それは本来の姿ではなく、地球人の前にいるのは(有機)ロボットとでもいうようなもので、それを介して、本体が情報を得たりコミュニケーションをしているという感じです。もちろん、それは動物の姿もあり、しかも多数同時にカメラやセンサーのように用意したりもしています。
この辺りがSFですね。SFが苦手な方でも、あまり気にならないと思います。

全体としては、中世ドイツの歴史小説みたいな感じです。[グッド(上向き矢印)]
タイトルの「風の邦、星の渚」ですが、これは何を意味するかピンと来ない人も多そうですね。英語のタイトルも併記されているのですが、それを見て私はちょっとピンときました。[わーい(嬉しい顔)]
私が感じたのは、「風の邦」は「Nation In Wind」となっていますが、数千年以上生きることのできる宇宙生命体から見ると地球の街の興亡なんて風が通りすぎるようなものなのだろう、ということでしょうね。
そして、「星の渚」ですが「Beach On Stars」となっています。この英語を見て、ピンときました。[ひらめき]ルーズスフェントの街が中洲にあり、その中洲の河口側に渚があることに関係します。
ネタバレになりますが、その渚は宇宙生命体の本体(乗り物?)の上に積もった砂の部分でもあったので、「On Stars」ということにしたのでしょう。

中世ドイツの歴史ものとSFとどうつながるのだろう、と思っていたのですが、きちんとSFも入っているし、でもそれほどSFは強くなく、良い感じに仕上がっていました。
こういう設定もできるのだな、と面白く感じた一冊でした。[グッド(上向き矢印)]

nice!(2)  コメント(0) 

Software Designの読者投稿欄への採用 [その他::趣味::本]

ソフトウェアに関する雑誌の「Software Design」を定期購読し、電子版をスマホで毎月読んでいます。
(趣味と実益、というか、仕事の技術的な面も兼ねてますね。[パスワード])
2018年1月号(2017年12月18日発売)の読者投稿欄を見たとき、私の投稿がまたまた採用されてました。[わーい(嬉しい顔)]

読者投稿への採用ではQuoカードがいただけるので、今回の一時帰国時にも自宅に届いていました。[グッド(上向き矢印)]
20180308_001244.jpg
1,000円分ですが、本などを買うときにはちょっと助かりますね。

これまで年に数回ほど採用されているのですが、ちょっと怖いぐらいですね。[あせあせ(飛び散る汗)]
読者投稿は雑誌のホームページからもできるので下心を抑えつつ?)ついつい入力してしまいますね。

ちなみに、今回いただいたQuoカードも家族にあげました。
(韓国では使えないですしね。)

nice!(2)  コメント(0) 

[漫画] 太陽の黙示録 by かわぐちかいじ [その他::趣味::本]

今日は、2011年に東日本大震災が発生した日ですね。
ちなみに、そのときは、私は所用で電車で新宿に向かっていました。新宿駅について、電車を降り、当時の新南口の改札に向かって階段を登った時、揺れました。[がく~(落胆した顔)]
始めは電車が事故で改札したの柱に出も激突したのか? とも思ったのですが、揺れの長さがかなり長かったので、これは違うとわかりました。
そして、意図せず帰宅難民の一人になって、夜中まで都庁でいたのですが、小田急が動き出したのでそれに乗り、自宅に着いたのが夜中の3時過ぎでした...[もうやだ~(悲しい顔)]

今回はときどき出てくる趣味の本の紹介の記事ですが[あせあせ(飛び散る汗)]、災害関連のものになります。
単に都市が被災するというものではなく、その後の復興をテーマにしたものです。前回もそれに関する小説をご紹介しましたが、それは都市直下型のような災害でした。今回は、広域の災害についての漫画です。
今回もお付き合いいただければ幸いです...

---------------------------------------
今回紹介するのは、漫画になります。
2002年から2010年にかけてビッグコミックで連載されてい たかわぐちかいじさんによる「太陽の黙示録」です。[ぴかぴか(新しい)]
20180210_202914.jpg
20180210_203102.jpg
これも、いちおう、大災害後の復興に関する話になります。
ストーリーは大きくわけると前半の「群雄編」(コミック10巻)と後半の「建国編」(コミック9巻)にわかれます。

まず、最初の舞台はいつもの日常生活の中の災害発生から始まります。[がく~(落胆した顔)] その発生日時は、この漫画の連載が始まった2002年8月10日午前10時20分となってます。
このとき災害がいくつも短期間に起こります。最初に、京浜大震災(大正時代の関東大震災のようなもの)[exclamation]が起こり、そして、その日の数時間後に東海大地震が発生し、それに連動して富士山が噴火[exclamation×2]、伊豆諸島の火山もいくつも分かします。
その数日後、さらに東南海・南海大地震が同時発生し、大阪湾から京都・奈良そして琵琶湖を通り富山湾に掛けて水没し、本州が真っ二つになる[がく~(落胆した顔)]、というところまでがこの漫画での起点の災害です。
また、これらの地震のため、関東から九州にかけての太平洋沿岸の多くも水没しています。

この災害により、かなりの数の避難民が発生し、海外で受け入れてくれる国へ一時避難する日本人も700万人いるという状況になります。そして、難民キャンプでの不自由な生活から、現地の国に帰化する「棄国者」も多く発生します。
また、日本が2つに割れ、政治でも2つにわかれ、北日本(中国が支援)と南日本(アメリカが支援)と分断され、お互いが正当性を主張するという形になります。[バッド(下向き矢印)]

ここまでの状況になってから、10年ぐらい経ってから物語の本題が始まる、という感じです。
主人公は震災当時は11歳で、その後、避難する過程で台湾に一時避難した形になります。
最初は、台湾での現地と避難キャンプの大きな諍いを平和的に落ち着かせるというところから始まります。その中で、その後の物語での重要な仲間ともめぐりあいます。[グッド(上向き矢印)]
その後、他の国々の避難キャンプと連携して、避難している日本人がひとまず日本に戻るためにいろいろと行動します。
次に、もう一人の主人公と言っていい人物が登場します。野望も持ちながら、アメリカへの留学を経て、南日本での行政にくいこんでいきます。[ひらめき]

海外に避難している多くの日本人が主人公たちにより、日本に上陸できた後からが建国編です。[るんるん]
避難民が上陸した場所というのは、富士山麓の火山灰で覆われた不毛の土地(グレイエリア)になります。また、関東も南部は水没しているところが大半なので、あまり人がいないという状況の場所です。
そして、北日本のエリアになりますので、北日本との諍いになるという形になります。
北日本は強権的な政治が行われていますが、北日本内でもいろいろな勢力があり、さまざまなドラマが繰り広げられます。
そして、南日本でも、北日本との対立だけでなくアメリカとの対立も含め、いろいろなドラマが繰り広げられます。

ということで、ここで北日本と南日本だけでなく、グレイエリアという三国志状態になります。[あせあせ(飛び散る汗)]
実際、登場人物は三国志の登場人物をモチーフにした名前が多く、いろいろなエピソードでもときおりそれにほのかに近いものもあったりします。[ダッシュ(走り出すさま)]
でも、いろいろな関係とか、非常に面白い話になっています。

最終的には、3つに分かれた日本も一つにまとまります。[わーい(嬉しい顔)]
復興という意味では、一つにまとまるころにはかなり進んだ状況になります。災害発生から20年以上も擁してはいますが。
ネタバレになりますが、日本が一つになったとき、主人公ともう一人の主人公のいずれかがそのリーダーになるのではなく、二人とも新たな目的に向かって進んでいくという、なかなかカッコイイ終わり方にもなってます。

この漫画は、時期的にも元々は阪神淡路大震災から構想されたもののようですが、その連載が終わった後に、漫画では被災しなかった東北でこの一部に近い災害があったというのは、ちょっと考えさせられるところもありますね。
でも、日本がまったく機能できなくなるまで叩きのめされるような大災害が発生したとき、どうなっていってしまうのか、一つの仮説とも言えるかもしれませんね。

ちなみに、アニメ化はコミックの4巻ぐらいまではOVA化されてますが、その後はありません。
これも映像化したものでも、全体を見てみたいなあとは思ってます。でも、厳しいだろうなぁ...

nice!(2)  コメント(0) 

[SF小説] 「復活の地」 by 小川一水 [その他::趣味::本]

今日は、阪神淡路大震災が発生した日ですね。私はそのときはまだ学生で東京都内に住んでましたが、深夜のバイトを終えて朝に帰宅し、テレビをつけて初めて知りました。最初は火事かと思ったら、まったくそうでなく、地震だったという感じでした。

今回はときどき出てくる趣味の本の紹介の記事ですが[あせあせ(飛び散る汗)]、災害関連のものになります。
単に都市が被災するというものではなく、その後の復興をテーマにしたものです。
今回もお付き合いいただければ幸いです...
---------------------------------------

今回紹介する小説は、小川一水 著の 「復活の地」です。[ぴかぴか(新しい)]
20171202_161447.jpg
これは十数年前に書かれたものです。
ちなみに、アニメ化や映画化は無く、マンガ版はありましたが途中で打ち切られてます。[たらーっ(汗)]
韓国語版もあるそうです。

内容的には、いちおうSFで、一言で言えば「地震災害からの復興」ものです。[ひらめき]
と言ってしまえば簡単なのですが、復興について、いろいろな対立や謀略みたいなものも出てきます。

舞台としては、今の地球よりも少し科学が発展している惑星になります。
設定として、元々、地球を中心として宇宙へ殖民していき人類の活動域を広げ文明を発展させていったのですが、数百年前の不幸な経緯により地球も高度な技術も失われ、星系国家間でのいざこざも発生しているような設定です。[るんるん]
なお、高度な技術を何らかの手段で「再発見」し、他の星系国家より先んじている列強諸国と、そうではない辺境の星系国家があり、本作の舞台は後者になります。

小説は、まずはその舞台となった惑星の「レンカ帝国」の首都トレンカに大地震が発生したところから始まります。
首都が壊滅し、政府や議会の要人はほぼ全滅、帝国皇族も一人の女性(主人公の一人でヒロインですな)しか生存せず(遠隔地にいたため)、大混乱な状況となります。
もう一人主人公がいて、有能な実務官僚の男性で、震災発生後の対応についていろいろと奔走します。味方がいない状況でも、ドライな対応も含めて、混乱を収拾していきます。結果として、天軍(いわゆる宇宙軍)と首都の都庁、民間のボランティア団体などが支援する形になりますね。[グッド(上向き矢印)]

一方、対立する勢力として、数少ない政治家の生き残り(野望も持っている)や陸軍が、いやらしい手段も含めて主人公たちを排斥しようとします。ただ、方向や手段は違えど、国を復興しよう・守ろうという意識は同様なのですけどね。[ダッシュ(走り出すさま)]

あと、第三者的に、同じ惑星内にある他の国家、他の星系列強国家なども関連します。

余震の発生もあり、その中で主人公たちも余震の被害にあったりもします。その後、男性の主人公がすべての権限を剥奪されます...[ふらふら]
そして、震災が一回だけではなく、もう一回[exclamation]あり、しかもその原因は自然災害ではなかったというのが本作の後半の内容になります。
いろいろな権力も無くなった主人公たちが、それでも二度目は一度目のようにならないために、支援してくれたさまざまな方面に草の根的な協力を要請する形で対策を進めます。

二度目の震災の発生後、対立勢力の瓦解、他の星系列強国家との関係向上など、最後には大団円的な終わり方をしますが、途中のスピード感やハラハラ感はかなりありましたね。[わーい(嬉しい顔)]
映画やアニメなどの映像化は、小説でのハラハラ感を伝えるにはちょっと難しい感じもしますので、難しいようには感じます...
でも、とても面白かったです。[グッド(上向き矢印)]

ちなみに、二人の主人公のロマンスは微妙に描かれるのですが、それの発展はありません。その周辺ではありますが。[あせあせ(飛び散る汗)]
あと、震災の原因が自然のものではないことについては、ネタバレになりますので、「数百年前の不幸な経緯による地球や高度な技術の喪失」が間接的に関係した、とだけ書いておきます。

nice!(3)  コメント(0) 

Software Designの読者投稿欄への採用 [その他::趣味::本]

ソフトウェアに関する雑誌の「Software Design」を定期購読し、電子版をスマホで毎月読んでいます。
(趣味と実益、というか、仕事の技術的な面も兼ねてますが。)
2017年9月号(2017年8月18日発売)の読者投稿欄を見たとき、私の投稿が採用されてました。[わーい(嬉しい顔)]

読者投稿に採用されるとQuoカードがいただけるので、今回の一時帰国時にもすでに自宅に届いていました。[グッド(上向き矢印)]
DSC_0294.JPG
ちなみに、1,000円分ですね。

採用頻度がなかなか多く、年に数回採用されてます。
読者投稿は、雑誌のホームページからもできるので、ついつい入力してしまいますね。[ダッシュ(走り出すさま)]
ただ、項目の多いアンケートの入力も必要なので、時間はかかりますが...[あせあせ(飛び散る汗)]

ちなみに、今回いただいたQuoカードも家族にあげました。

nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | - その他::趣味::本 ブログトップ